プレゼント

内祝いの商品選びはカタログギフトを活用|赤ちゃんの初節句を祝う

女性に喜んでもらうために

花

本数やアレンジに注意

男性にとって、お付き合いしている女性へのプロポーズは一生に一度の大事な場面です。そんなプロポーズの場面で、女性に喜ばれる贈り物のひとつが花束です。心のこもった花束はプロポーズの場面をよりドラマチックに、印象的に演出してくれます。贈られた女性の喜びもひとしおでしょう。では、具体的にどんな花を贈るのが良いのでしょうか。プロポーズの場面で贈る花束として、定番なのはバラです。バラは本数によって意味合いが違ってくるといわれています。例えば、1輪のバラは「運命の人」、12本だと「私の奥さんになってください」、40本は「真実の愛」、99本で「永遠の愛」、そして108本は「結婚してください」という意味があります。それぞれの意味を理解して、自分の気持ちを表現できる本数のバラを用意するとよりメッセージ性が伝わります。渡すときに、「こういう意味がある」ということを女性に伝えると、さらに喜んでもらえるでしょう。実際に花束を女性に贈る際、最近では保存性を考慮しプリザーブドフラワーを贈る方も増えています。プリザーブドフラワーは、特殊な加工を行うことで生花の風合いを残したまま、花を長期間保存することができる方法です。また、シルクなどで本物そっくりに作ったアートフラワーも人気があります。花束の形も、オーソドックスなもののほか、おしゃれなボックスに入れてアレンジしたものや、バルーンでアレンジしたものなど様々なアレンジがあります。実際に注文する際には、どのようなイメージが良いのかを伝え、贈る女性の特徴や好きな色などを伝えると、より女性のイメージにあった花束を作ってもらうことができます。一生に一度のポロポーズの場面を、あなたらしい花束で素敵に演出してみてください。