プレゼント

内祝いの商品選びはカタログギフトを活用|赤ちゃんの初節句を祝う

いつ頃贈るべきなのか

女性

暑い時期の贈り物

中国から日本へと伝わってきたものは、数多くありますがお中元という習慣もその範疇に入ります。元々お中元とは中国の伝統的な宗教である道教の、年中行事である三元の一つが根付いたものです。道教では旧暦の7月15日に祖先の霊を、供養する盂蘭盆会を行っています。日本でもこの習慣は根付いて今でも多くの人が、祖先の霊を供養するお盆を行事とし休みを取るのです。したがってお中元を贈るのは、大体このお盆の時期にあわせられています。地方によっては7月と8月にお盆の時期が別れているので、大体は月の初めから2週間前後までがお中元を贈ったり贈られていたのでした。しかし最近では早めの対応を心掛けている人が多いためか、7月から7月の中旬までに贈る人が増えてきています。本来目上の人にお世話になったお礼に贈る品物なので、確りとマナーを守ることが重要です。ギフト専門の売り場には、お中元に使う熨斗紙は用意してありますがもしもの時のために覚えておくとよいでしょう。本来であれば贈答品に白い奉書紙を掛けて水引を結んで、熨斗と呼ばれる色紙を折りたたんだものを付けるのです。しかし現代ではこれを簡略化して水引や熨斗を印刷されて紙のことを、熨斗紙と呼び贈答品に掛けるのが一般的になっています。そして大切なのが熨斗紙に必要な表書きを、することを忘れてはなりません。水引から上の方にはお中元と記し、下の方には贈る側の名前をフルネームで入れるのです。さらに一番重要なのがどういった品物を、贈れば喜んでもらえるかということでしょう。家族構成や好みといった問題はありますが、暑い時期ということで飲み物などが人気が高いです。またお客様が多い時期でもあるので、保存性の高いお菓子も喜ばれています。