婦人

内祝いの商品選びはカタログギフトを活用|赤ちゃんの初節句を祝う

いつ頃贈るべきなのか

女性

中国から伝来し根付いた習慣は多いですが、お中元もその一つであるのです。旧暦の7月15に行われていた盂蘭盆会という行事とも相まって、日本に根付きお盆の時期になると贈り物をします。元々は目上の人へお世話になったお礼として贈るので、守るべきマナーを覚えておくことが重要です。

お祝いや感謝を伝えよう

ペン

お祝いやお世話になった方へ、何か贈り物をしたい場合に名入れボールペンがおすすめです。どんな人でもよく使うものであるため、贈られる方もうれしいと感じるでしょう。また、ボールペンを選ぶ際には、書き心地や持ちやすさなど使用感にこだわってみるといいです。

相手の事を考えて選ぼう

子供

子供が生まれ初めて迎える節句を初節句と呼び、女の子であれば3月3日、男の子であれば5月5日にお祝いをすることが通常となっている。これらの初節句では、親戚や友人などから初節句のお祝いをもらうケースがある。それらのお返しとして渡すものが、内祝いである。内祝いには、いくつかのマナーや風習などがある。内祝いを贈る場合、初節句の宴席に出席した人に対しては、基本的にお返しを贈らなくても良いとされている。これらの席に出席できなかった人に対して、内祝いを贈ることがマナーとされている。初節句の内祝いでは、お祝いとしてもらったお金の3分の1から半分程度の金額を目安としてお返しのプレゼントを贈ることがマナーとされている。内祝いの品としては、様々なものがあり、貰った金額などに応じて探すことが良い。少額のお祝いであれば、お菓子など簡単なものを内祝いとして返すことでも問題が無い。高額なお祝いをもらった場合には、贈ってくれた人の趣向などを考えた上でお返しを贈ることが良い。これらのお返しの品として何を贈れば良いか迷う場合には、カタログギフトの活用が最適である。多くの商品の中から好きなものを選んでもらうことができるため、相手の趣向を深く考えることなく贈ることができる。これらのカタログギフトでは、金額に応じて選べる商品が変わってくるため、貰った金額に合わせてカタログギフトを選べるという点も、内祝いでの利用で大きな魅力となっている。

女性に喜んでもらうために

花

プロポーズの場面で贈る花束はバラが定番であるが、バラは本数によって意味合いが異なってくることに注意が必要です。最近では保存性を考え、プリザーブドフラワーやアートフラワーが人気があり、オーソドックスな花束だけではなく、アレンジしたものも人気となっています。